Tour Guide Andong Tourism

韓国精神文化の首都、安東へようこそ
サイトマップ
  • 安東全体観光案内図
  • 今日の天気
  • ウェブマガジン申し込み
  • マルチメディアで分かる安東!
  • 緊急連絡先
GO TOP
  • 観光情報
  • 観光アシスタント
  • お祭り&文化行事
  • コミュニティ
  • 文化観光資料
陶山書院とその周辺
GO HOME~ > 観光情報 > 代表観光地 > 陶山書院とその周辺
朝鮮時代の教育機関、郷校と書院
朝鮮時代最高の儒教教育機関であった漢城(現ソウル)の成均館を縮小して各行政地域ごとに設けられた公立の教育機関が郷校で、私設学校が書堂です。郷校では千字文や漢文を学び政府の下級官吏を養成する役割を果たし、書堂は千字文や孟子、論語等の中国古 典を教え漢文や漢詩を作らせ、科挙試験や下級官吏選抜試験の準備を図る機関でした。この書堂に位牌を祀り祭祀を行う機能が加わることで書院となるわけですが、郷校と書院の最も大きな違いは郷校は郊外などに建てられ位牌堂には孔子の位牌を祀りますが、書院は先賢と関係のある場所に建て先賢の位牌を祀る点です。
難関中の難関 現代の国家試験!科挙
科挙は政府官僚を選抜するための国家試験として現在の公務員国家試験に該当し、高麗時代に導入されました。この制度は朝鮮時代に拡大され書院や郷校の建設に拍車をかけまました。科挙試験は文科、武科、雑科に分けられ3年毎に実施されましたが、重要な国家行事や慶事などがあった場合は特別に試験が行われました(陶山別試など)。この試験は19世紀末まで実施されました。
Today 1 Total 121572. Copyright (c) 2010 by Andong City All rights reserved.