Tour Guide Andong Tourism

韓国精神文化の首都、安東へようこそ
サイトマップ
  • 安東全体観光案内図
  • 今日の天気
  • ウェブマガジン申し込み
  • マルチメディアで分かる安東!
  • 緊急連絡先
GO TOP
  • 観光情報
  • 観光アシスタント
  • お祭り&文化行事
  • コミュニティ
  • 文化観光資料
屋根の無い博物館の都市、安東
GO HOME~ > 観光情報 > 屋根の無い博物館の都市、安東

博物館の都市、安東で博物館ツアーを体験しよう!

時折安東を「屋根のない博物館の都市」といいます。安東のその別称を得られたのはソウルの面積の2倍もある広い地域に数多くの物語や歴史の宿っている290点を越える無形․有形文化財が伝承されており、安東のどの地域を訪れても必ず歴史と文化の足跡に接する事ができます。またこれを収集、保管してぃる博物館はおよそ20ヶ所にも至ります。この点からすればそのアイテムやコンテンツを活かした様々な文化産業への発展可能性が非常に高いと推定されるとともに、未来に向けての新しいカルチャーパワー(文化力)になると思われます。そしてこの本でご紹介します博物館ツアーをとおして過去の安東の民俗文化や生活文化に触れ、安東の新しい魅力を再発見してみてください。

儒教文化のコンテンツ化を通した国際化-伝統文化コンテンツ博物館

  • 展示品のない博物館?世界初のデジタル博物館!映像で伝統を味わう!
    遺物ではなく、デジタルコンテンツで構成された世界初の「伝統文化コンテンツ博物館」は、国際第1号デジタル博物館として2009年11月5日に正式に登録されました。2007年9月に立体映像と伝統文化を結合した独創的なコンセプトのデジタルの博物館として開館以来、現在までに10万名以上の訪問客が訪れました。デジタル展示品をとおして安東の伝統文化に関する知識と体験プログラムなどを提供しているこの博物館は、新しい形態の博物館として注目を浴びています。
    伝統文化コンテンツ博物館
    • 展示館名: 伝統文化コンテンツ博物館
    • 観覧時間: 夏季 09:30~18:00、冬季 09:30~18:00
    • 定休日: 毎週月曜日、1月1日、旧正月、秋夕(韓国の盆)
    • 【入場料】
      入場料
      区  分 個人 団体 備考
      子供 1,000ウォン 500ウォン 団体は15名以上
      中・高生  2,000ウォン 1,500ウォン
      大人 3,000ウォン 2,500ウォン
      シルバー(65才以上) 無 料 65才以上
    • 住所: 安東市東部洞447-8雄府公園內
    • 問い合わせ: (財)安東祝祭観光組織委員会 82-54-856-3013,
               安東体育観光課 82-54-840-6394
    • 【ホームページ】http://www.tcc-museum.go.kr (韓国語)

安東水文化館

  • 安東水文化館は地上2階建てで、1階では安東のダムの建設過程及びダム周辺の生態系について学ぶことができ、2階は水に関わる歴史をメインテーマとした3D映像を体験できる映像室や展望台から構成されています。
    安東水文化館
    • 博物館名: 安東水文化館
    • 観覧時間: 10:00∼17:00
    • 定休日: 毎週月曜日、1月1日、旧正月、秋夕(韓国の盆)
    • 入場料: 無料
    • 住所: 安東市象牙洞486-2番地
    • 問い合わせ: (財)安東祝祭観光組織委員会 82-54-856-3013,
              安東体育観光課 82-54-840-6394
    • 【ホームページ】http://blog.daum.net/mulmunhua (韓国語)

安東工芸文化展示館

  • 韓国精神文化の首都安東市と安東の工芸家達の作った工芸品の展示、販売、体験を通じて工芸文化の中枢的役割を果すために設立された文化空間として、1階には様々な工芸品が展示されており販売もしています。また体験場などもあり陶器、天然染色、木工芸、金属工芸、カラーミックス、韓紙工芸等、色々な体験プログラムがあります。体験費用はプログラムごとに異なります。2階の5つの工房では作業過程を観覧できます。
    安東工芸文化展示館
    • 展示館名: 安東工芸文化展示館
    • 観覧時間: 09:00∼18:00
    • 定休日: 毎週月曜日、1月1日、旧正月、秋夕(韓国の盆)
    • 入場料: 無料
    • 住所: 安東市象牙洞477-4番地
    • 問い合わせ: (財)安東祝祭観光組織委員会 82-54-856-3013,
              安東体育観光課 82-54-840-6394
    • 【ホームページ】http:/www.acehall.co.kr (韓国語)

安東天然染色文化体験館

  • 美しい天然染色で作られた作品と出会える所、安東自然染色文化体験館!
    伝統文化に対する関心の高まりとともに安東に点在する「韓ブランド」を観光商品化するために2008年安東自然色文化体験館が設けられました。ここでは天然染色や工芸、キルティング、伝統刺繍などの体験ができるとともにそれらに関する講義を受けることもできます。また販売や展示もしていますので、お気軽にお立ちよりください。
    安東天然染色文化体験館
    • 博物館名: 安東天然染色文化体験館
    • 観覧時間: 夏季-09:00~18:00、冬季-09:00~17:00
    • 定休日: 毎週月曜日、1月1日、旧正月、秋夕(韓国の盆)
    • 入場料: 無料
    • 住所: 安東市象牙洞459番地
    • 問い合わせ: (財)安東祝祭観光組織委員会 82-54-856-3013,
              安東体育観光課 82-54-840-6394
    • 【ホームページ】http:/www.naturaldyeart.com (韓国語)

安東市立民俗博物館、野外民俗博物館

  • 安東地方の特徴である儒教文化、特に冠婚葬祭を一目で把握できる博物館!
    安東市立民俗博物館は2階建てであり、全部で3ヶ所の展示室で成されています。第1展示室では庶民の生活文化を、第 2展示室では冠禮および祭礼(両班の生活文化)を、第3展示室では安東文化圏の民俗遊びの模型が展示されています。また、その周辺にはドラマの撮影地になった野外民俗博物館が造られており多くの観光客が訪れています。
    安東市立民俗博物館、野外民俗博物館
    • 博物館名: 安東市立民俗博物館、野外民俗博物館
    • 観覧時間: 09:00∼18:00
    • 定休日: 年中無休
    • 【入場料】
      入場料
      区  分 個人 団体(30名以上) 備考
      大人 1,000ウォン 800ウォン 満19∼64才
      子供(小中高生) 300ウォン 200ウォン 満7∼18才
      シルバー・満6才以下 無 料
    • 住所: 安東市城谷洞784-1番地
    • 問い合わせ: (財)安東祝祭観光組織委員会 82-54-856-3013,
              安東体育観光課 82-54-840-6394
    • 【ホームページ】http:/www.adfm.or.kr (韓国語、英語)
    • 日本語通訳ガイド随時待機

儒教文化博物館

  • 韓国振興院の附属期間として韓国の優れた伝統文化を国内外に知らせるとともに国民の国学関係の資料の寄付を活性化しようとする趣旨から設立された国内唯一の儒教専門博物館。韓国の伝統文化の骨子である儒教文化の真髄を味わえるところとして、様々な遺品が展示されています。また国学振興院では今回儒教木版のユネスコの世界記録遺産への登録のために力を注いでいますが、その一環として木版10万枚収集キャンペーンを実施しています~
    儒教文化博物館
    • 博物館名: 儒教文化博物館
    • 観覧時間: 09:00~17:30
    • 定休日: 毎週月曜日、1月1日、旧正月、秋夕(韓国の盆)
    • 【入場料】
      入場料
      区  分 個人 団体(20名以上) 備考
      大人 1,500ウォン 1,000ウォン 満19∼64才
      子供 700ウォン 500ウォン 満7∼12才
      中高生・軍人 1,000ウォン 700ウォン 満13∼18才
    • 住所: 安東市陶山面西部里220番地
    • 問い合わせ: (財)安東祝祭観光組織委員会 82-54-856-3013,
              安東体育観光課 82-54-840-6394
    • 【ホームページ】http:/www.confuseum.org (韓国語)

慶尚北道山林科学博物館

  • ますます忘れられている山林資料の重要性や永久的に保存していくための方法、そして学術研究を通して韓国の山林文化を学び、山林文化の発展に関する流れを理解してもらうために建立。特に自然と山林の大切さが肌で感じられる専門テーマ博物館として、山林の科学的保存と活用方法の提示、そして私たちの役割などについて考えられる機会を提供する場になっています。
    慶尚北道山林科学博物館
    • 博物館名: 慶尚北道山林科学博物館
    • 観覧時間: 夏季-09:00~18:00、冬季-09:00~17:00
    • 定休日: 毎週月曜日、1月1日、旧正月、秋夕(韓国の盆)
    • 【入場料】
      入場料
      区  分 個人 団体(20名以上) 備考
      大人 1,500ウォン 1,000ウォン 満19∼64才
      子供 700ウォン 500ウォン 満7∼12才
      中高生 1,000ウォン 700ウォン 満13∼18才
      シルバー・満6才以下 無料
    • 住所: 安東市陶山面東部里山69番地
    • 問い合わせ: (財)安東祝祭観光組織委員会 82-54-856-3013,
              安東体育観光課 82-54-840-6394
    • 【ホームページ】http:/www.gbfsm.or.kr (韓国語)

玉振閣

  • 陶山書院内に位置した玉振閣は李滉のが生前に使用していた枕や座椅子、梅硯、机など日用用品から、李滉の偉業や残した文集などを解りやすい説明と共に見学することのできる遺物展示館です。
    玉振閣
    • 博物館名: 玉振閣
    • 観覧時間: 夏季 09:00~18:00、冬季 09:00~17:00(陶山書院の開閉時間と同一)
    • 定休日: 年中無休
    • 【入場料】
      入場料
      区  分 個人 団体 備考
      大人 1,500ウォン 1,300ウォン 20才以上
      子供 600ウォン 500ウォン 団体は30名以上
      中高生 700ウォン 600ウォン
    • 住所: 安東陶山面土溪里680番地
    • 問い合わせ: (財)安東祝祭観光組織委員会 82-54-856-3013,
              安東体育観光課 82-54-840-6394

李陸史文学館

  • 2004年は「李陸史誕生100周年」を迎える年としてこれを記念するために建立したこの文学館は、民族の悲しみと国権の回復を強く願った李陸史の心と意志が込められた詩や資料、遺品などが展示されています。1階には先生の親筆の原稿と胸像、独立運動資料、詩集、写真などが展示されており、2階では悠々と流れる洛東江を一目で眺望できます。また李陸史先生の生涯を映像でみることができ、この他にセミナー室も設けられています。さらに建物の周辺には李陸史の代表的な詩である「絶頂詩碑」と陸史銅像などもあり観覧ポイントになります。
    李陸史文学館
    • 博物館名: 李陸史文学館
    • 観覧時間: 夏季-09:00~18:00、冬季-09:00~17:00
    • 定休日: 毎週月曜日、1月1日、旧正月、秋夕(韓国の盆)
    • 【入場料】
      入場料
      区  分 個人 団体(20名以上) 備考
      大人 2,000ウォン 1,500ウォン 満19∼64才
      子供 1,000ウォン 500ウォン 満7∼12才
      中高生 1,500ウォン 1,000ウォン 満13∼18才
      シルバー・満6才以下 無料
    • 住所: 安東市陶山面東部里山69番地
    • 問い合わせ: (財)安東祝祭観光組織委員会 82-54-856-3013,
              安東体育観光課 82-54-840-6394
    • 【ホームページ】http://www.264.or.kr (韓国語)

河回世界タル(仮面)博物館

  • ★世界の仮面を一同に展示、韓国のルーツも一目で解る★
     「仮面の都市安東」に仮面をテーマとして設けられた全国的にもユニークな博物館。 一昨年の9月から去年5月の下旬にかけて約13億ウォンを投資してリモデリングした河回世界タル(仮面)博物館は、総4つの展示館が備えられています。第1展示室は韓国館、第2展示室が中国館、第3展示室はアジア館、そして第4展示室は南太平洋の諸国の資料とアフリカ一帯の資料を展示し、観覧客に世界の仮面を一目で鑑賞できる場所を提供しています。特に韓国館には重要無形文化財に指定されている韓国の13の仮面舞と地方文化財の2つに使用されている仮面が展示されていて、世界の仮面のコレクションの数々が一同に展示されています。
    李陸史文学館
    • 観覧時間: 09:30~18:00
    • 定休日: ソル(旧正月)と秋夕(韓国の盆)
    • 【入場料】
      入場料
      区  分 個人 団体(30名以上)
      大人 2,000ウォン 1,500ウォン
      子供(小中高生) 1,000ウォン 600ウォン
      シルバー(65才以上) 1,000ウォン 600ウォン
    • ホームページ: http://www.mask.kr/ (韓国語, 英語有り)
Today 1 Total 101205. Copyright (c) 2010 by Andong City All rights reserved.