Tour Guide Andong Tourism

韓国精神文化の首都、安東へようこそ
サイトマップ
  • 安東全体観光案内図
  • 今日の天気
  • ウェブマガジン申し込み
  • マルチメディアで分かる安東!
  • 緊急連絡先
GO TOP
  • 観光情報
  • 観光アシスタント
  • お祭り&文化行事
  • コミュニティ
  • 文化観光資料
在来市場
GO HOME~ > 観光アシスタント > 在来市場

安東在来市場に行けば安東市民の暮らしぶりや日常生活が覗ける!

それぞれの地域の在来市場に行くと、その地域の暮らしぶりや風習、生活習慣などを伺えるが、安東には大きく3ヶ所の常設在来市場があります。在来市場には地域の特産物をはじめ果物、野菜、魚介類、海藻類などの農水産物や布団、座布団、服、飾り物など様々な商品が販売されています。大概の開店時間は午前10時頃であり、閉店は夜9時あるいは10時くらいですが在来市場ごとに異なります。
人情溢れる安東の在来市場を直に訪問し安東地域のお土産を購入したり、市場の商人たちとかけひきをしたりしながら、彼らの素直な暮らし話を聞いてみるのはいかがでしょう。
【問い合わせ】 (財)安東祝祭観光組織委員会 82-54-856-3013
          安東市庁観光産業課 82-54-840-6395
龍上(ヨンサン)市場

元来'牛市場'であった龍上(ヨンサン)市場は、牛市場の商人のためのクッパプを取り扱うお店が多かったところでしたが、その後龍上洞の人口が増えるにつれて形成された市場です。
安東聖穌病院の向かい側にある全長約1kmほどの『新市場』

安東の商圏は旧市場を中心と交通の便利さによって形成されましたが、1962年安東邑から安東市へと昇格されたことによってできた市場です。
安東トッポッキ横町からチムタク横町までの『旧市場』

安東は内陸地方という特性に基づいて鹽藏法によって魚を取り扱う風習や儒教文化の影響で祭祀が重視されタコ、サメ等の祭祀の下準備のために供え物と関連した市場が著しく発達しました。また、1960年代半ばに入って「安東デパート」の建立にしたがって横町ごとに様々な小規模の市場が形成されました。そして、2006年以降からは政府の伝統市場(在来市場)の活性化のための政策によって現在の市場と生まれ変わりました。
Today 1 Total 101205. Copyright (c) 2010 by Andong City All rights reserved.